【英文法】現在完了形の意味を三用法で区別しているのは日本人だけ?

今回は苦手な人が多い現在完了形についてみていきましょう。

「現在完了形って何?」と言われれば、中学時代まじめに勉強した人たちは「have+P.Pで、完了、継続、経験の意味を表す形」と答えてくれると思います。



しかし、題名からもお分かりのように、ネイティブは完了、継続、経験なんていう区別はしていないんです。

ではどのように区別しているのでしょうか?



それは今も続いているかどうかということなんです。



現在完了ではhaveが使われます。

これは助動詞として分類されていますが、動詞として考えても間違いとは言えないのです。

何が言いたいかというと、haveを使っているということは「(今もふくめて)持っている」という意味になるんです。(詳しくはこちら



なので現在完了形で一番大切なことは「過去から今も含めて持っている」ということなんです。



では具体的に見ていきましょう。

過去形と三用法の具体的違い


関連項目
現在完了形なぜhave+P.Pなのか

Sponsored Link

単語帳選びで、こんな間違いをしていませんか?

「有名なTOEIC講師がおすすめしていたから」
「Amazonの売れ筋ランキングで上位だから」
、、、

そんな理由だけで、単語帳を選んでしまっていませんか?

単語帳で毎日勉強している人も多いと思います。そんな「毎日使う単語帳」が、そもそもあなたに合っていなかったとしたら、、、

あなたにぴったりの単語帳を選ぶ方法、あなたの目的に合った英単語の勉強方法をまとめたレポートを、期間限定で「無料」でプレゼントしています。

詳しくはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*