文法

間違いだらけの説明?anyは否定文と疑問文で使われるsomeではありません

今日は中学校で説明される、間違った説明の代表格anyについて取り上げたいと思います。

みなさん、中学生の時にこんな説明聞いたことはありませんか?

「He has some friends.

を否定文にする時は

He doesn’t have any friends.

疑問文にする時は

Does he have any friends?

になるんだ。

someは、否定文、疑問文のときにはanyになるから気をつけろ!」

ここまでの説明に間違いはありません。

しかし、これ以上のことを勢いで言ってしまうと、残念ながらの説明になります。

「anyは肯定文ではsomeだ!anyは肯定文では使われないから気をつけろ!」


こうなると嘘の説明になってしまします。(実際中学文法。高校受験では肯定文にanyがでてくることはないので、この説明がベストとかんがえられているのでしょうか?)

この説明を受けてしまった人は例外なく、高校で苦しみます。


例えば、こんな文章に出くわすからです。

I can eat anything.

めちゃくちゃ肯定文でanyが使われています。

しかし、中学で習ったことが真実だと思い込まされているため、この文章を受け入れられなくなってしますんですよね。


っということで、前置きがめちゃくちゃ長くなりましたが、今日はanyの説明をしたいと思います。

まず、一番初めに、

anyは「どんな〜も」という単語で、肯定文、否定文関係なく使われます!

これをしっかり覚えていてください。

そして一番重要な点は「どんな〜も」という意味であることです。

では、具体的に見ていきましょう。



初めに取り上げた文を使います。

He has some friends.
(彼には数人友達がいます)

これを否定文にすると、

He doesn’t have any friends.
(彼には友達がいません)

になります。


実は

He doesn’t have some friends.

でも文法的には間違いではありません。

が、意味がおかしくなります。


He doesn’t have some friends.

を訳すと、

「彼は数人の友達がいません」

になります。

「???」

「おかしないやん」

ってなりましたか?


では、もう少し厳密に訳してみます。

「彼は(一人だけ友達がいるかもしれないけど)複数人の友達がいません。」

ということです。


つまり、someを使ってしまうと、「1人友達がいるのか」「1人も友達がいないのか」の判断ができなくなってしまうんですね。


そこで、先ほど説明した「どんな〜も」のanyの登場です。

He doesn’t have any friends.

とすることにより、

「彼は、(1人も、2人も、3人も、)どんな数の友達もいません。」

となり、彼に友達が一人もいないことが明らかになりますよね。


同じように疑問文を見ていきましょう。

先ほどと同じように、

Does he have some friends?

も文法的には間違いではありません。

が、先ほどのように意味が曖昧になってしまします。

訳してみると、

「彼には友達が複数人いますか?」

となります。


つまり、もし仮に友達が1人だけの場合、答えられなくなってしまうわけです。


なので、こちらも、

Does he have any friends?

とすることで、

「(1人でも、2人でも、3人でも、どんな人数でもいいけど、)彼に友達はいますか?」

ということになります。


上で説明したように、否定文、疑問文だからanyが使われているわけではなく、anyの意味が必要だから、someは、否定文、疑問文ではanyに言い換えられているだけだということになります。

したがって、もちろん、anyの意味を使いたい時には、肯定文でもanyは当たり前のように使われます。

I can eat anything.

どんなものでも私は食べれます。」

I can eat something.

「私は何かを食べることができます。」

比べてみたら意味の違いは明らかですよね!


関連項目

動詞の本当の意味
過去完了のイメージ
現在完了have+P.Pの理由
S=C、O=C????
5文型の限界 進行形や受動態は何文型?

5文型の限界 進行形や受動態は何文型?

今日は5文型の限界について書きたいと思います。

5文型絶対信者の人がたまにいるので、文型判断は色々な側面からできるんだよ、ということを示していきたいと思います。



今の日本の英語教育では高校一年生の時に初めて文型が教えられます。

よくある、

S + V
S + V + C
S + V + O
S + V + O + O
S + V + O + C

ってやつですね。

確かに色々な文を見ていく上でこの形は非常に役立ちます。

なので文型判断は全く意味がないと言っているのではありません。

僕が言っている限界というのは、学校で教えられた(無理やり覚えさせられた)判断方法が必ずしも真実とは限らないということです。

さらに悲しいことに、今の学校の先生も、学校で習ったことを覚え、そのまま先生になる、という流れが多くあるため、5文型を教えている先生も必ずしも理解しきって教えているとも限りません。(僕は高校の時に詳しく解説してもらった記憶はありません)

なので、今回は特にbe動詞を含んだ文についての一般的な判別方法と、僕の見方からの判断の二つを取り上げたいと思います。

では見ていきましょう。



まずはじめに

I arrived at Tokyo. (私は東京に到着しました)

これは文型判断すると第一文型です。

これは僕も納得です。



He is in the library. (彼は図書館にいます)

これも学校文法では第一文型に分類されますが、僕はこの分類方法があまり気に入りません。(詳細は後ほど)


さらに、

The bird is flying in the sky now. (その鳥は今空を飛んでいます。)

この文も第一文型に分類されます。



次に、

You look happy. (うれしそうだね)

これは文型判断でいうと第二文型です、

決してS=Cとかいう意味のわからない式が理由ではありません!(S=Cに関する文句はこちら

主語の部分youと、本来は目的語になるhappyが主語と述語の関係(〜は〜です)で結ぶことができるため( youhappyです→あたな幸せです)happyの部分が補語に変化する、という感覚です。(詳しくはこちら

そして、

She is my sister.(彼女は私の姉/妹です)

これも第二文型に分類されます。(shemy sisterです→彼女私の姉です



さらにもう一つ。

I love you. (愛しているよ)

これは第三文型に分類されます。

主語と、目的語の部分に主語述語の関係がないですよね。(Iはyouです→私はあなたです???)

なのでyouの部分は目的語と判断できます。(目的語か補語かの判断なんて第何文型かを聞かれる問題を解くときのみやればいいんです、って僕は思います。)

そして、

My father is playing baseball now.(おとんがいま野球しているよ)

この文章も第三文型に分類されます。(第四文型、第五文型は今回取り上げません。だってbe動詞含まれないもん・・・)



ぼくが五文型の限界として示したいのは、特にbe動詞を含んだ文の文型判断です。 

個人的にはbe動詞を含んだ文は全て第二文型に判断するのが筋が通った考え方だと思うんですね。(注意:ここからの説明は学校のテストで使うと×される可能性が高いです。先生にも立ち向かうんだという人は是非、僕が下で書く説明を主張して○を勝ち取ってみてください 笑)

その理由を説明する前に、まずどうして(学校文法では)be動詞の文章が第一にも第二にも第三文型にもなっているのかを理解しなければいけません。



まず第一文型のbe動詞。

He is in the library.

英語では前置詞+名詞の形が続いた場合その部分は形容詞副詞になります。(何言ってん?ってなった人はこちら

そして、文型判断の場合には前置詞+名詞の形が出てきた場合、副詞として捉える傾向が多い気がします。

授業で「前置詞が出てきたらそのあとは文型判断には必要ない」、っというのを聞いたことがないでしょうか?

あれは厳密に言うと、「(副詞の部分は文型判断に影響しないので副詞句を作る)前置詞のあとは切ってもいいよ」って意味なんです。

したがって、一番初めに挙げたarriveの文章も、at Tokyoの部分を副詞として捉えているため、文型判断には関係なくなり、第一文型になるということです。(形容詞と副詞がわからない方はこちら形容詞副詞

なので

He is in the library.

も同じ原理。

in the libraryの部分を副詞と見るためSとVだけの第一文型になります。



しかし、

She is my sister.

この文ではbe動詞がありますが第二文型と判断されます。

その理由は上で述べた通りです。



そして

The bird is flying in the sky now.



My father is playing baseball now.

この文は進行形と呼ばれるものですが、この文でのbe動詞は感覚的に助動詞の感覚で捉えられています。

イメージとすれば

The bird can fly.

He can play baseball.

と同じ捉え方です。

したがって、動詞はflyやplayだと考えられるため、上は第一文型、下は第三文型になるんですね。



英語は動詞が大切だ、とか言われる割に、be動詞を動詞として捉えたり、助動詞として捉えたり、ものすごくややこしいことがこの五文型の判断ではやらされていて、基本的にここまで詳しく説明はしてくれないため、テスト前に無理やり覚えるしかなくなる、というのが今の現状のような気がします。

なので僕はこの分類の仕方があまり好きじゃないんですね。

僕はbe動詞もしっかりとした動詞だとリスペクトする意味も込めて、be動詞の含まれた文はずべて第二文型だと考えるのが一番理解しやすいと思います。

「何言ってんこいつ?」ってなっていると思うので解説を。



be動詞の働きを考えればすぐに理解できます。

be動詞の働きとは、主語と目的語の部分を、主語と述語の関係で結んだ文を作ることですよね。(よく出てくるのは「〜は・・・です」という形)



上でも述べましたが、主語と述語で結ばれた関係を持つ目的語は補語になります。

つまり、be動詞がある=確実に主語と補語の関係が作られると考えてみてください。

またbe動詞は状態を表す動詞です。

一つづつ見ていきましょう。



まずは第一文型に分類されている

He is in the library.

先ほど述べたように、前置詞+名詞は形容詞か副詞になります。

in the libraryの部分を副詞ではなく、形容詞として捉えましょう

「Hein the libraryです→彼図書館の中にいる状態です」という主語述語の関係が作れます。



in the libraryを形容詞として捉えるということは、この文章は

He is cool.

と同じ形なわけです。

つまり、第二文型と考えることができますよね。



The bird is flying in the sky now.

この文章では分詞の知識が少し必要になってきます。(自信のない人はこちら

分詞とは、動詞の形容詞or副詞の形です。

そして、世間一般で進行形、受動態と呼ばれる公式された形を無理やり覚えるだけではここの分類はできません。

進行形、受動態は分詞を使ったbe動詞の文章だという感覚が理解できるかどうかがポイントです。


そこでこの文章のflying の部分を形容詞として捉えると、

「the birdflyingです→その鳥飛んでいる状態です」という主語述語の関係が作れます。

したがってflyingの部分はC(補語)に進化することができ、第二文型と捉えることができます。(in the skyの部分は上で述べたように前置詞+名詞の形で(形容詞の)flyingを修飾する副詞となり、文型判断には関係ありません)



She is my sister.

はもともと第二文型なので説明はいらないですね。



そしてあと一つ、

My father is playing baseball now.



この文章のplaying baseballの部分は分詞のため先ほどと同じように、形容詞として捉えることができます。

したがって、先ほどと同じように「My fatherplaying baseballです→私の父野球をしている状態です」というように、この文でも主語述語の関係が作れます。



っというように、違う見方をして、学校文法で教えられているやり方とは異なる方法でも分類することができるわけです。

っということは、学校で教えられた(or覚えさせられた)分類方法は必ずしも真実だとは限らないんですね。

っということで今回は僕の視点からの文型の分類方法、特にbe動詞に関しての分類を書いてみました。



関連項目

動詞の本当の意味
過去完了のイメージ
現在完了have+P.Pの理由
S=C、O=C????
間違いだらけの説明?anyは否定文、疑問文のsomeではない!

【英文法】補語(c)とは何か?S=C、 O=Cなんて意味がわかりません。

今日は英文法における補語(c)とは何かの説明をします。

初めに宣言しますが、僕は英語教師があたかも当然のごとく使用する「s=c」とかいうごまかしにもほどがある説明が大っっっ嫌いです 笑
I am happy.

「私=幸せ」だからhappyはC・・・

これで納得できる人たち、自分がごまかされていることに気付いてください!!

どうして(代)名詞のIと形容詞のhappyが=で結ばれるのでしょうか?

I=happyと考えるなら、I am happiness.でもいいじゃんってなります(これぐらい僕はひねくれています 笑)

こんな考え方では一生補語と目的語は区別できません。


補語とは何かというと、「その文の主語と、主語述語の関係でつながる目的語のこと」と考えてください。

この目的語ということがポイントです。

それでは具体的に見ていきましょう。

もちろんhappyは補語になり、hapinnessが補語にならない理由も解説します!

目的語から補語への進化



関連項目

動詞の本当の意味
過去完了のイメージ
現在完了have+P.Pの理由
5文型の限界 進行形や受動態は何文型?
間違いだらけの説明?anyは否定文、疑問文のsomeではない!

【英文法】現在完了形の意味を三用法で区別しているのは日本人だけ?

今回は苦手な人が多い現在完了形についてみていきましょう。

「現在完了形って何?」と言われれば、中学時代まじめに勉強した人たちは「have+P.Pで、完了、継続、経験の意味を表す形」と答えてくれると思います。



しかし、題名からもお分かりのように、ネイティブは完了、継続、経験なんていう区別はしていないんです。

ではどのように区別しているのでしょうか?



それは今も続いているかどうかということなんです。



現在完了ではhaveが使われます。

これは助動詞として分類されていますが、動詞として考えても間違いとは言えないのです。

何が言いたいかというと、haveを使っているということは「(今もふくめて)持っている」という意味になるんです。(詳しくはこちら



なので現在完了形で一番大切なことは「過去から今も含めて持っている」ということなんです。



では具体的に見ていきましょう。

過去形と三用法の具体的違い


関連項目
現在完了形なぜhave+P.Pなのか

【英文法】現在完了形で何故have+過去分詞(P.P)が使われるのか。その理由は・・・

今回は現在完了形を詳しく見ていきましょう!

普通に学習するだけなら、have+P.Pで現在完了形の形です、と覚えてしまえばいいんですが、ぼくみたいにひねくれたやつは「なんで過去分詞使ってんのに~されるの意味になっていないねん」って思ってしまうんです。

このような疑問を持ったことがある方は是非読んでみてください。



この理由を理解するためにはまず、過去分詞を理解する必要があります。

過去分詞は便宜上「~される(された)」と考えられます。

ぼくもこの考え方には賛成です。



しかし、過去分詞のもともとの意味は「ある行動がなされる(なされた)」という意味なんです。(レキシカル・グラマーへの招待参照)

つまり、
English is Spoken in America.

英語はアメリカで(話すってことがなされている状態です)→話されています。

というイメージです。



このことを頭に入れて考えてみると、

I have studied English for two years.

「私は(英語の勉強がなされた状態)を2年間持っています→私は2年間英語の勉強をしています」、となります。



し・か・し!!

個人てきに、問題を解くときやましてやスピーキングの時にはこのことをほとんど意識しません・・・笑

「あ、昔から今も続いてることやから完了形やな」って考え方で十分です。



なので今まで納得できていなかった人は「あぁ、そういうことやったんか」って理解しておくだけで十分です。

以上実用的な観点からはあまり役に立たない知識でした・・・笑

(英語の先生や、目指している方は知っておくべきだと思います)


現在完了形の実用的な考え方はこちら
現在完了形が示していること


関連項目
過去形と三用法の具体的違い
動詞の本当の意味
過去完了
S=C、O=C????
5文型の限界 進行形や受動態は何文型?
間違いだらけの説明?anyは否定文、疑問文のsomeではない!

【英文法】過去完了形のイメージ

みなさん、今日は過去完了についての文法研究をしたいと思います。


この過去完了も、一つの考え方を持って理解していくと、他の部分の理解にとっても役に立つ範囲なんです!!


では、見ていきましょう。


まずはじめに過去完了形の形は、had+過去分詞(p.p)です。

そして一番重要なのは、過去完了形のイメージを持つことなんです。


では、過去完了形のイメージとはどういうものかというと・・・

ズバリ、あまりやる気のないめんどくさがり屋


「何言ってんこいつ、あほちゃう」、とか言わずに、まぁ話を聞いてください 笑


みなさん、過去完了形はどのような場合に使われるかご存知ですか?

「現在完了形が過去と現在やから・・・」、という考えは捨ててしまってください 笑


過去完了形は、過去のことよりも、さらに昔を表現する場合に使われる形なんです。(過去完了形は、現在完了形や、未来完了形とは別物と理解した方がわかりやすいと思います。厳密に言えば同じですが。)


例えば、
When you came home, my father had already read the book.

「あなたが帰宅したとき、私の父は本を読み終えていた。」


時間的に考えると、本を読み終えたほうが帰宅したのよりも昔のことです。

両方とも過去にしてしまうと、どちらが時間的に昔のことなのか判断しづらいですよね?

このような時に過去完了形は登場するんです。

過去形だけでどうにもならないから仕方なく出てくる

これが過去完了形のイメージあまりやる気のないめんどくさがり屋につながるんです。

したがって、

I had seen him yesterday.

このような文は使えないんです。

理由は簡単、過去形に任せれば大丈夫な場合には、めんどくさがりの過去完了は出てきてくれないんです。


そして、このイメージを持つことで、他の文法項目に関しても理解が深まります!

ここからが本番ですよ。

ぜひとも他の文法との関連について読んでみてください。

助動詞+完了形
仮定法過去完了
不定詞+完了形
動名詞+完了形



関連項目

動詞の本当の意味
現在完了have+P.Pの理由
S=C、O=C????
5文型の限界 進行形や受動態は何文型?
間違いだらけの説明?anyは否定文、疑問文のsomeではない!

動作が入るSVOCの考え方

基本的にSVOCの文では、Cの部分にもともと動詞をもってくることができます。


しかし!一つの文で動詞を2回使うことはできないため、意味に応じて「to~」「~ing」「~ed(過去分詞)」のどれかにかえてあげないといけません。

したがって正確に言うと、「SVOCのCの部分には、もともと動詞だったもの(不定詞、分詞)を入れることができる」ということになります。


詳しく見ていくと

①「Oが~する」という意味のなら ・・・   「to + 原型」
②「Oが~している」という意味なら・・・   「~ing」
③「Oが~される」という意味なら ・・・   「~ed(過去分詞)」


ということになります。


そして、使役動詞や知覚動詞の場合、①の場合には「to」を消してあげてね、というのが入試でも頻出のルールです。(to+原型のtoを消してあげたものを原形不定詞と呼びます)


①My father allowed me to go to the party.

「父は私がそのパーティーに行くのを許してくれた」
私が行く→ to go

②I heard her baby crying.

「私は彼女の赤ちゃんが泣いているのを聞いた」
彼女の赤ちゃんが泣いている→ crying

③I felt my head touched.

「私は頭を触られた気がした」
私の頭が触られる→ touched

④My boss made me work harder.

「上司は私をより一生懸命働かせた」
私はより一生懸命働く→ to work(しかしmakeは使役動詞なので)→work


という感じです。


「①と②何が違うねん、一緒やんけ」、と文句がある方はこちら

【英文法】動詞の本当の意味

みなさんこんにちは。


今日は文法研究第一弾ということで、動詞の示す意味について書きたいと思います。


おそらく考えたことがないと思いますが、動詞が表す範囲というものをご存知ですか?

例えばstudyとはどういう意味か?と聞かれれば、ほとんどの人たちが「勉強する」と答えられると思います。

確かに「勉強する」という意味なのですが、僕が強調したい部分は、studyを厳密な意味で言うと「(勉強をし始めて、終えるまで)勉強する」ということなんです。


ぜひ動詞は「~し始めてから、終わるまで~する」というイメージを持っておいてください。


「なんでわざわざそんなややこしい言い方するねん。」って思われる方、そんなカッとならず落ち着いて聞いてくださいな。

この考え方を意識しておくことで、他の文法分野と関連付けることができるんです。

それは、現在分詞(~ing)との区別なんです。


具体的に見ていきましょう!

動作動詞と状態動詞の違い秒速判断法
過去形と過去進行形、未来形と未来進行形の違い
第5文型の原形不定詞と~ingの違い


関連項目

過去完了のイメージ
現在完了have+P.Pの理由
S=C、O=C????
5文型の限界 進行形や受動態は何文型?
間違いだらけの説明?anyは否定文、疑問文のsomeではない!

英語の関係詞の働きと意味~relative~

今回は関係詞についての説明をしたいと思います。

関係詞と分詞の部分が理解できるようになれば、英語のレベルが一気に上がるので、この二つは頑張って理解しましょう!!(分詞がわからない人はこちら



まず関係詞とは何かというと、文の形を使って、名詞の説明をする部分のことです。

名詞を説明するの部分なので、もちろん形容詞です!

そして、文の形ということは、必ず主語、動詞が入るので、節ということになります。

言い換えると関係詞の部分は必ず形容詞節になります。

そして大事なのはこの次。

英語では二語以上で名詞を説明するときは後ろから説明というルールがあります。

なので、関係詞とは何かといわれたら、「名詞を後ろから説明する形容詞節」ということになります。



関係詞は必ず後ろから名詞を説明するんです。

「これってアイスクリームやねん。そのアイスクリームっていうのは俺が好きな」みたいに!

分詞は前から説明する場合もあるので注意してください。



これを理解できれば完璧!

・・・の言いたいのですが、 はじめにの部分で述べているように文法知識と読解のための文法は別物です。

ここでは関係詞の文法知識の方を詳しく見ていきます。(使い方がわかったからといって、読めるようになるわけではないので、関係詞の読み方に関しては読解の方で詳しく見ていきます)



「もーつくり方なんかわかってるわ」っていう人は読解の方をお読みください。

しかし意外とわかってるつもりでも、わかってない人もいますよ?(笑)

今わかっていると思ったあなた、この問題きっちりわかりますか?

わからなかった人はもう一度ここで復習してください!



1.This is the place ( ) I stayed last year.
2.This is the place ( ) I visited last year.
3.This is the place ( ) I went to last year.
4.This is the place in ( ) I lived last year.



関係詞は、関係代名詞の主格、目的格、所有格、関係副詞、など少し項目が多いので一つずつ見ていきましょう。
しかし、基本的な考え方を理解すればすべて一気に理解できるので、全部覚えようとしてはいけません!
では見ていきましょう。

関係代名詞(主格)
関係代名詞(目的格)
関係代名詞(所有格)
前置詞+関係代名詞
関係副詞



問題の答え
1where 「これは私が去年滞在した場所です」
2which 「これは私が去年訪れた場所です」
3which 「これは私が去年行った場所です」
4which 「これは私が去年住んでいた場所です」
(詳しい解説は関係副詞の下の方にあります)

関連項目

分詞
不定詞(形容詞的用法)
前置詞+名詞
等位接続詞

英語における不定詞の働き(形容詞的用法)

今日は不定詞に関する形容詞を学びましょう!

不定詞は大きく分けて3種類あるとされていますが、その3種類の詳しいことについては基本文法の不定詞(現在執筆中)で解説します。

ここでは形容詞としての不定詞を扱いたいと思います。



不定詞の形容詞的な使い方に関しての難しさは、何と言っても後ろから名詞を説明する、という点にあります。

名詞を前から説明する場合と、後ろから説明する場合、どのような特徴があったか覚えていますか?



英語では2語以上で説明する場合は後ろから説明するんです。

わからなかった人は今覚えてしまいましょう!!

そして、不定詞というものは「to+動詞の原形」で使われるため必ず2語以上になります。

つまり、名詞を説明する場合、必ず後ろから説明するんですね。

したがって、名詞のすぐ後ろに「to+動詞の原形」があった場合、それは必ずその名詞を説明している・・・と言いたいのですが、ここが不定詞の難しいところ。

副詞的な使い方もできるため、名詞の説明をしているのか、名詞以外の説明をしているかの判断をしなければならないんです。

いいかえると、このパターンを攻略するには、名詞の後の「to+動詞の原形」が何を説明しているかを判断する必要が出てくるわけです。



多くの場合は意味的にとることができるのですが、意味的に微妙な場合には、名詞と不定詞の部分の関係を見てあげることで判断することができます。

あ、timeや、wayはよく出てくるので覚えてもいいかもしれません。

この2語の後に「to+動詞の原形」がきていたら、ほぼ確実に形容詞的用法です。

どんな時間や、方法なのかを説明していると考えてしまって大丈夫です!

言い換えると、timeやwayの後にくる不定詞は、形容詞的な使い方なんだと覚えておいてください!(不定詞の部分が、説明される名詞の内容になっている時は形容詞的用法になります。ex)the way to study English 方法の内容は・・・英語を勉強する)



では、そのほかのものを例を使ってみていきましょう。
不定詞具体例

関連項目

分詞
関係詞
前置詞+名詞