学習方法

実は600点以下はTOEICの勉強はしないほうがいい?TOEICレベル別勉強法

英検などとは違い、TOEICは受験者のレベルに関係なく、一つのレベルの、同じテストを、全員が受けるテストとなっています。

言い換えると、英検などでは、その級ごとのレベルに合わせて学習をすれば良いのですが、TOEICではその方法は使えません。

つまり、「同じTOEICの学習」と言っても、

900点を目指す人は、900点を目指す学習
700点を目指す人は、700点を目指す学習・・・

というように、自分のレベルにあった学習をしていく必要があります。

しかし、レベルごとの学習法と言っても意外と教えてくれる人はいません。

そこで、ぼくの学習者としての経験と、今まで見てきた数多くの生徒たちをもとに、レベル別学習法をまとめてみました。

興味のある方は参考にしてください。

TOEIC勉強法

まず前提として、極論を言えば、英語力があればTOEIC対策なしで、900点程度まではとることができます。

なので、TOEICが目的ではなく、あくまでも自分んレベルを図るために受けているという方なら、900点ぐらいまではTOEICの対策をする必要はありません。

逆に、どうしてもTOEICのスコアが必要という方は、TOEICの対策をすることで一気に点数を上げることができます。

っというようにTOEICのテストは、英語力があれば点数を取ることができるテストである一方で、英語力がめちゃくちゃ高くなくても、TOEICの傾向や癖などをしっかり見抜苦テクニックがあれば点数を取れてしまうテストでもあります。

この点から、いつも僕はTOEICを重視することに疑問を抱いているのですが、そのテクニックに関しても、ある一定のレベルに達するまでは使うことができません。

では、それらも含めてレベル別に見ていきましょう!

600点まで

TOEICのテストで600点に届かないということは、英語の基礎文法、単語がまだまだ不足しているということです。(TOEICでは、だいたい3回目あたりでやっと自分のレベルのスコアが出ると言われているので、TOEICを本気で受験するのであれば、3回目のスコアを基準にすることをお勧めします)

このレベルでやらなければけないことは、TOEICの問題を解いたり、TOEICの傾向を知ったりすることではありません。

まずは、TOEIC対策よりも、文法力、読解力、リスニング力、基礎単語力をつけるための学習が必要です。

一般的に、大学受験の英語力(早稲田などの難関大学に入学できるレベルの英語力)でだいたい600点〜650点ぐらいと言われているので、600点以上を取れる力があれば、英語の基本的な文法、単語力は身についているという一つの目安にできます。

なので、TOEICの一番の山場はこの600点を取るまでということになります。

600点を取れる力をつけるまでには莫大な努力が必要ですが、この点数を超えてくると、英語の学習法も少しづつ見えてくるので、まずはこの第一の山場を乗り越えてください。


・TOEICの対策というよりも、まずは文法力、読解力、リスニング力、基礎単語力を高める学習をするべき

・逆に600点にとどかないうちからTOEICのための勉強を始めても時間が掛かる(レベルが高すぎるため)

・とりあえず600点に届くまではざっくりと一通りの文法知識、単語力を身につけることがベストな方法

600点から

ここからは目的によって学習法が変わります。

言い換えると、テクニックを使うことができるのはこのレベルから

TOEICのスコアのみを目指している人なら、ここからはTOEICでの頻出単語をしっかり覚えていき、形式に慣れていく練習をするのがベストな方法です。

TOEICではリスニングにおいても、リーディングにおいても、問題文で出てくる表現の言い換えが答えになることがかなり多いです。

なので、単語帳で勉強している単語などで、類義語を知っているものがあれば、出てきた単語の横に類義語を書くのもありだと思います。

またTOEIC対策の単語帳では、類義語をまとめてくれているものもあるので、そのような単語帳を買うのも○。

一方で、600点前後のスコアなら、まだまだ文法や、読解力、リスニング力は改善の余地があるので、引き続き、文法、読解、リスニングの勉強は必要になってきます。

気を緩めることなく学習を続けましょう。

文法面では、漠然とわかっているところが多いと思うので、細かい部分を確認していくことで、英語力はさらに伸びていきます。

読解に関しては、意味をきっちり理解しながら読む練習(精読)をすることで、さらに向上していきます。

細かい文法の部分まで意識しながら読むようにしましょう。

このレベルの段階ではまだスピードを特別意識する必要はありません。

750点ぐらいまでは、最後まで解き終われなくても達することはできるので、まずは正確さを意識しましょう。


・時間をかければしっかりと文の意味が理解できるというレベルを目指すべき

・引き続き、文法力、読解力、リスニング力、単語力を伸ばす勉強を継続

・TOEICのスコアを目指す人はテクニックの練習を開始

・TOEICのスコアのみを目指していない人なら、まだこの段階でTOEICの対策をする必要はなし

750点から

ここからがTOEICの二つ目の山場です。

このレベルからはスピードが必要となってくるので、正確さを高める学習から、スピードを上げる学習に切り替えなければなりません。

一方で、正確さを落としてはいけないので、今持っている最大の正確さのレベルで、スピードをどれだけ上げられるかということがポイントになります。

単語は引き続き勉強していく必要はありますが、このレベルになると、文法学習は必要ありません。

ただ、自分の苦手な文法事項があれば、その部分は復習して慣れておく必要があります。


・ここからはスピードが必要になってくる
・このレベルに達すれば、時間をかければほとんどの問題の意味がだいたいわかる、という状態にはなっているので、あとはその理解レベルのままスピードをどれだけ上げられるか
・単語は引き続き勉強していく必要あり
・ブンピウ学習は、自分の苦手な文法事項の再確認
・リスニング、リーディングともに、理解度を保ちつつ、理解のスピードを上げるための勉強が必要になってくるため、TOEICの一つの山場

850点から


このレベルに達すると、スピード、理解度ともにかなりのレベルに達しています。

ここから必要になってくるのはもう一度正確さを上げていくこと。

目指すレベルは、今の最大スピードで、英語を「完全に理解出来る」レベル。

単語に関しては、TOEICに特化した学習をするのが効率的です。

しかし、このレベルの学習者の語彙力ならほとんどのものはカバーできていると思うので、単語帳をやるというよりも、問題を解きながら増やしていくのも○。

ここからは英語力が高くても、TOEICの対策が必要になってくるので、特にリスニングのパート3、4の練習は必ずしておきましょう。


・このレベルに達すると、スピード、理解度ともにかなりのレベルに達している
・必要なのはもう一度正確さを上げていくこと
・「今自分の持っている最大の理解スピードで、英語を完全に理解できる」という状況を作り出すことが必要
・TOEICの問題(特にリスニング)に慣れるようにする
・あとは集中力

950点以上


ここからは英語の学習というより、TOEICの勉強です。

一番はTOEICの問題傾向を完全に理解すること。

そそてもう一つは・・・

鬼の集中力を鍛えることです。

英語レベルにかかわらず、一番の難関はリスニング。

一瞬の気の緩みで失点してしまいます。

なので、一瞬の気の緩みも生まれないほどの集中力を鍛えることが一番必要なことです。


・TOEICの問題傾向を完全に理解すること
・何事にも惑わされない不動明王のような集中力を手に入れる
・リスニングの時間、一度も切らすことのない集中力のトレーニング

全てのレベルで使える勉強方法

全てのレベルを通して大切なことは、自分にあったレベル(文の構造や意味を完璧に理解できるレベル)の文章を音読することです。

例えば500点に届かない人が、かなりレベルの高い英文を音読しても効果はありません。

自分が完璧に理解出来る文章を音読することによって、音読の効果が最大限生まれるので、自分のレベルを過信せずに謙虚な気持ちで音読する文章のレベルを選んでください。



具体的な音読のやり方はこちら



【英語学習法】効果的な音読の方法と効率のいいやり方

ここでは、僕が全ての生徒に指導している音読の方法を、みなさんにも知っていただきたいので読解力、リスニング力を伸ばしたい方は是非読んでみてください!

効果は実証済みです。

多くの生徒から喜びの声が返ってきています。



まず、音読というとどんなイメージを持っていますか?

「ただひたすら読む」、「口の運動」などいろいろなイメージがあると思いますが、実は音読はリスニングにもリーディングにも、さらには単語学習にも効果がある学習方法なんです!



音読は昔から一番の学習方法として提案されています。

かの有名な國弘さんも”只管朗読”という言葉を作り、何千回、何万回と音読することの大切さを説いています。

ぼくも高校の時に勧められて、現役時代、音読をしました。

が、全く効果はありませんでした。

なので、正直言うと2年ほど前までは音読の効果を信用していませんでした。



しかし、最近になって音読の効果に気づきました。

それと同時に、音読のやり方が重要であることにも気づきました。

今思えば、高校の時の僕は音読のやり方が悪かったんです。

一方で、やり方が悪かったのは仕方がないなと思う部分もあります。

多くの英語の先生は「音読しろ、音読しろ」と言ってきますが、具体的な方法は教えてくれないんです。

個人ん的には「そんな音読勧めるけど、なんで効果的なんかわかってるん?」って聞いてやりたいぐらいです。(当時の僕はもちろんそんなことは思わない素直な高校生でした!)

その結果、真面目に音読をしている人たちもその効果を実感できません。

この記事を読んでくれている人の多くは同じ気持ちではないでしょうか?



そこで僕が長年かけて気付くにいたった、音読の方法を伝授したいと思います!

もちろん、なぜ効果があるのかもきっちり説明します!

「何でかわからんけど効果あるからやってみて!」、って胡散臭すぎますよね・・・笑

なので、ぜひこの機会に音読の方法を身につけて、音読の効果を実感してください!



まず、1つ目のポイントは音読をする教材です。

音読をする教材は、自分が完璧に文構造をとれているものを使ってください。

わからない文がある状態で音読をしても効果はありません。

必ず全文理解できている文を繰り返し音読してください。

そして、音読をする時には、読みながら意味をとるようにしてください。



例えば、

I play baseball in the park on Sunday.

という文を音読する時には、

私は、する、野球を、公園で、日曜日に

っといような理解の仕方になります。

あくまで日本語に直した場合なので、毎回日本語を意識する必要はありません。

しかし、必ず前から意味を理解していくようにしてください。

後ろから戻って意味を確認してはいけません!



中には、「難しい文も音読してたら分かる」とか意味のわからないことを言う先生もいますが、絶対無理です。

自分のレベルをはるかに超えたものは何回やっても理解できないので時間の無駄になります。

またまた、國弘先生の話になりますが、この先生は「中学の教科書を何千回、何万回と音読すれば英語はできるようになる」とおっしゃっています。

この方がはるかに真実に近いと思います。



下でも説明しますが、音読の目的は自分が瞬時に判断できない文に慣れていくことです。

したがって、完全に文構造が取れない文は慣れることができないので無意味です。

逆に「少し時間をかければ理解できる」というような文は積極的に音読してください!

しかし、その場合にも必ず文構造を理解した上で、前から理解することを意識してください。



そして2つ目のポイントとして、CDをつかうこと。

なぜCDが必要か。

それはCDを使って、シャドーウィングのような感じで音読をするためです。

僕は高校の時にはCDも何もなしに音読をしていました。

これ、ものすごく勿体無いんです。

CDを使えば、耳からも英語が入ってくるため、発音もわかります。(単語を覚えるときは発音を意識することで効率がかなり変わります!)



また、CDは必ず一定の時間で終わります。

ダラダラと読むことがなくなるんですね。

そして、前から意味をとっていかなければ自動的に次に進むため、前から意味を理解せざるおえません。

CDなしですると、後ろから読む癖のある人は、文ごとに止まって後ろからよんでしまうんです。

これでは読解力はあがりません。

前から理解できるようになることが読解力向上のための必須条件なので、CDを使って前から理解せざるおえない状況を作り出しましょう!



さらにCDを使うことの一番のメリットは、CDの早さに口がついていくようになれば、英語を話すための口慣らしになるだけでなく、その早さのリスニングができるようになることです。

人間は自分で発音することのできる音しか聞き取って理解することはできません

「ニュー」と聞いてなにかわかりますか?

はい、newsのことです。

もしnewsという単語を知っていても、この単語の発音が「ニュー」と思っていたら、リスニングで「ニュー」と聞こえてきても何のことか理解できませんよね?

これが今言った、発音することのできる音しか聞き取って理解することはできないということです。

なので、CDの早さに口がついていくようになるということは、そのCDのなかで使われている短縮や、音のつながりも発音できるようになっているということですよね?

したがって、音も聞き取れるようになります。



また文の切れ目を理解する感覚が身に付くことも、リスニング力アップにつながります。

CDの音声は(リスニングの問題でも同様です)、意味の切れ目ごとに、ものすごく些細ですが一呼吸いれられています。

僕たちが日本語を話す時も初めから最後まで一気に話すことをありませんよね。

英語も同じです。

意味のまとまりごとに、ほんの小さな「間」があります。

何度もなんども音読していくうちに、この「間」が意識できるようになってきます。

これができるようになればリスニング力はかなり上がります!

また読解の時にも、意味の切れ目を意識することができるようになるため、読解力も同時に上がります。



読解に関連することなので、もうひとつ。

読解力をあげるために必要なことは様々な文の形に慣れていくことです。

文法問題と同じで、英文というのは、その形や用法を知っているからこそ意味がとれるんです。

I’ll make you happy.

この文が、「あなたを幸せにするよ」

っと訳せるのは、makeの意味のとり方を知っているからなんですね。



繰り返し音読をすることで様々な文の形に慣れていくことができます。

もちろん、CDの早さに合わせて音読している場合、意味が取れないところも当然出てくると思います。

そういうところが出てきたら喜んでください!

その部分が自分の英文理解における今の自分の弱点なので、CDをとめて、もう一度文の理解をやり直してください。

理解し直した後で、もう一度前から読んだ時に理解できるかを確認です!

文を繰り返し読むことによって、自分の弱点に気づき、その弱点を消していくことが、読解に役立てるための音読のやり方です。



重要なことは、「数十回程度音読しただけでは全く意味がない」ということです!

例えば、野球の素振りを10回しただけで、10割バッターにはなれませんよね?

野球の素振りも、「このようなコースに来たときは、こんな振り方で打てば大丈夫。」、「このコースの振り方が苦手だからこれを繰り返し練習してみよう」、というような意識を持って行います。

その意識があるから実際に試合で同じコースが来た時には、無意識に反応できるようになり、打てる確率が上がるんですよね。



音読も同じです。

何度もなんども繰り返し文を読むことで、新しい文章を読む時にも、音読で培った文の理解力が無意識に反応し、読解力が上がるんです。



そして最後に単語学習への役立たせ方。

これはもはや説明不要ですよね。

何度も同じ文に触れ、意味を理解する練習をするので、文の内容と一緒に単語が覚えられます!

文の意味理解と同時に単語の意味、コロケーション(単語同士のつながり)も理解できるので、効率がめちゃくちゃいいんですね。



このように、音読はかなり効率のいい学習方法です。

ですから、ある程度文を理解する力がついた人はぜひとも音読をしてください!

しかし気をつけてください。

やり方をきっちりと理解した上で行ってくださいね!

(今のところ僕が一番オススメしている音読の教材は英検対策の文で覚える英単語シリーズです。よければ参考にしてください。)