具体的説明

【英文法】関係副詞・関係代名詞の違いと関係副詞を使った文の作り方

今回は関係副詞の使い方について学習しましょう!

まず、関係副詞とは何かというと、もともと副詞だった部分が関係詞に変わったものです。

が、こんなこと覚えなくてもいいです(笑)



関係副詞には、where, when, why, howの4種類があります。

関係副詞を理解するためにはまず前置詞+関係詞の部分を理解してください。(前置詞+関係詞

その部分と関連づけて考えることが、理解への一番の近道です。



ここからは、前置詞+関係代名詞の部分は理解したものとして進めていきます。

前置詞+関係代名詞の説明の最後に僕は

1.I like the house which I lived in last year.
2.I like the house I lived in last year.
3.I like the house in which I lived last year.
4.I liked the house where I lived last year.

これは全部同じ「私は去年住んでいた家が好きだ」という意味になると説明しました。

そして最後のwhereが入っている文、これが関係副詞を含んだ文です。



では、実際どのように考えるか。

関係副詞の定義は覚えなくてもいいので、かわりにこのルールを覚えてください。



前置詞+関係代名詞の部分は、先行詞(説明される目の前の名詞)が場所ならwhere時間ならwhen、(a,the) reasonならwhy、(a,the) wayならhowに変身することができる」



これが関係副詞を考える時の一番のポイントです。

言い換えると、前置詞+関係代名詞に書き換えることのできる部分が関係副詞ということになります。



ところで、前置詞は名詞とくっついて形容詞や副詞になります。(忘れている人はこちら

そこから関連付けさせると、この前置詞+関係代名詞の部分(関係副詞に変わることのできる部分)は、副詞の役割をしている部分なんです。

よってもともと副詞だった部分が関係詞になったということで、関係副詞という名前なんです。



なので関係代名詞と関係副詞の一番の違いは、もともと名詞であった部分が変化してできたものなのか、もともと副詞であった部分が変化してできたものなのかということなんです。

関係代名詞は、主語や目的語が変わったものなのでもともと名詞の部分、関係副詞は前置詞+名詞(関係代名詞)が変わったものなので、もともと副詞の部分が変わってできたものです。(この部分難しいと感じる人は読み飛ばしてくれても大丈夫です)



実際に上の文を使ってみてみましょう。

I like the house in which I lived in last year.

注目するのはこの二つの部分です。

まずin whichの部分。

前置詞に関係詞がくっつています。

そしてその前がhouseという場所を表す名詞です。

なので上で述べたルールを満たすことになり、

I like the house where I lived last year.

と書き換えることができるんです。

前置詞+関係代名詞の時にだけ、関係副詞に変身することができるんです。(副詞の役割になっているからです)



言い換えると、1、2の文は whereに書き換えることはできません。

だって、1も2も前置詞と関係詞が繋がってないですよね?

だからダメなんです。



ここまでの理解ができれば、関係詞のまとめのところで僕が出したこの問題にも理由を含めて答えられます。

1.This is the place ( ) I stayed last year. 
2.This is the place ( ) I visited last year. 
3.This is the place ( ) I went to last year.
4.This is the place in ( ) I lived last year.



詳しく見ていきましょう。

1
 ・This is the place.  ☆(☆は中心となる文です。関係詞の文の分け方、作り方がわからない人はこちらを参考にしてください)
 ・I stayed at the place last year.(stayは自動詞なので名詞をおくにはatが必要です)

共通部分はthe place
I stayed at which last year.

目的格なのでwhichは前に出ていき

which I stayed at last year. ①

または前置詞とともに前に出ていき

at which I stayed last year.②

二つの文をつなげると

①の場合
This is the place which I stayed at last year.

②の場合
This is the place at which I stayed last year.

ここでもう一つ、前置詞+関係詞は先行詞の内容によって変身できることを忘れてはいけません。

②は
This is the house (where) I stayed last year.

に変身できますね。

これが答えです。

訳は「これは私が去年滞在した場所です。」



他のも同様に考えてみると、

2 
  ・This is the place. ☆
  ・I visited the place last year. → which I visited the place last year(visitは他動詞なので後ろに前置詞は入りません)

答え
This is the place (which) I visited last year.(これは私が去年訪れた場所です。)



3 
 ・This is the place. ☆
 ・I went to the place last year. 
→ which I went to last year ・・・①
to which I went last year ・・・② 
where I went last year ・・・③

①の場合
This is the place which I went to last year.
②の場合
This is the place to which I went last year.
③の場合
This is the place where I went last year.

問題にあうのは①の場合なので答えはwhich



4
・This is the place. ☆
・I lived in the place last year. 

3と同様に3パターンに分けることができ、問題にあうのは②のパターンなので
答えはwhich



というように、ここまで考えて解けた人たちは関係詞を完璧にわかっていると言えます!

ですので、わからなかった人も友達に説明できるぐらいまで何度も解いてみてください!



下に他の関係副詞を用いた練習問題をつけておきます。

きっちりと2つに分けることを意識してくださいね。



P.S.
関係副詞は後ろにS+Vをとり、必ず節になるんですが、その部分は必ず形容詞節になります。

関係副詞という名前は、初めにも述べたようにもともと副詞の部分(関係副詞の場合は前置詞+関係詞)が関係詞になっているためつけられていますが、役割としては副詞ではなく、必ず目の前の名詞を説明する形容詞節になります。



練習問題
次の日本語を英訳してください。

1私は彼に会った日を覚えています。
2私は彼女が学校に遅れた理由を知っています。
3これが私の英語を話す方法です。




 ・I remember the day.
 ・I met him on the day.

onをきっちりと入れられるかがポイントです。(「その日に」というイメージ)

答え
I remember the day when( またはon which) I met him.

2
・I know the reason.
・She was late for school for the reason

forをきっちり入れられるかがポイントです。 (「その理由のために」というイメージ)

答え
I know the reason why(またはfor which) she was late for school.

3
・This is the way.
・I speak English in the way.
inをきっちり入れられれかがポイントです、(「その方法内で」というイメージ)

howの時だけは気をつけなければいけません。

the wayとhowは一緒に使えないというルールがあるんです。

なので答えは

This is the way in which I speak English.

または

This is how I speak English.
となります。

This is the way that I speak English.
などもありますが、上の2つをまずは理解しておいてください。

関連項目

関係代名詞(主格)
関係代名詞(目的格)
関係代名詞(所有格)
前置詞+関係代名詞
分詞
不定詞(形容詞的用法)
前置詞+名詞
等位接続詞

【英文法】英語の補語は目的語の進化!

具体的に目的語が補語に進化する過程を見ていきましょう。(補語の考え方はこちら


例えば
I am happy.

この場合は私=幸せではありません。(一般的な説明ではそうですが・・・)

幸せですという主語述語の関係になっていると考えてください。

そしてもう一つのポイントは、初めから目的語なのか、補語なのかを決めるのではないということです。


なぜなら、読解の時や、リスニングの時に「今のは目的語か?補語か?」なんて考えないからです。

ではなぜ目的語、補語とに分かれているかというと、それは文法学習の上では分けたほうがわかりやすいからなんです。


なので、読解やリスニングの時には必ず、常に動詞の後ろは目的語がくると考えながら進めてください。(be動詞の場合は後ろは補語だと考えてもOKです)


例をあげましょう。

I became a doctor.

みなさん、目的語は「~を」や「~に」になる部分と習ってきていると思います。

この文章は何と訳しますか?

そんなにひねくれないでください 笑

「私は医者なりました」ですよね?

しかし、このa doctorは補語といわれるんです。

だからみんな混乱しちゃうんです。

訳は一緒なのに一方は目的語、一方は補語。


なので発想を変えちゃいましょう。

I became a doctorのa doctorも目的語でいいんです。

しかし、文型を判断しないといけないときには、その文の主語と、目的語を、主語述語の関係で結んでみてください。

それでつながればそのOはCに進化するんです

今回の場合は「私は医者です」とつながるのでa doctor はCに昇格したんです!


I’ll give happiness to you.

この分も初めに考えることは同じです。

「私はあげるんか。何をかな?」が初めの考え方。

つまり次にくるのは目的語に決まっています。

そして次に来るのがhappiness

これが目的語です。

一応最後のto youは副詞句なのでMですが今回重要なのはhapinnessです。
(僕は、S=Cと説明する人にぜひ質問してみたいです。「なんでhapinessは補語になられへんの?」)


文の要素を判断するなら目的語を見つけた後、必ず主語との関係を調べなければなりません。(動詞直後のOの場合)

「私は幸せ(という物体そのもの)です」おかしいですよね?

私は人間です。

幸せというものではありません。笑

ということで主語述語の関係がないため、昇格することはなく。happinessは目的語となります。

(注意)動詞の直後が形容詞の場合、目的語になることはないのですぐにCと判断しても大丈夫です!

目的語は必ず名詞だからです。


(補足)ちなみにSVOOやSVOCの時は二回比べる必要があります。

一回目は、SとO。

二回目は、OとO。

例えば

I’ll make you happy.

なら

「私はあなたです」・・・×

→youは目的語

その次に、

「あなたは幸せです」・・・○

→happyは補語(happyはIではなく、youと結ばなければいけません)


【英文法】過去形と現在完了完了用法の違い

⑤Mary finished my homework.
⑥Mary has finished my homework.

⑤「メアリーは宿題を終えました。」

⑥「メアリーは宿題を終えたところです。」

という意味になります。

正直⑥も「終えました」と訳してもいいんですが、一応違う訳にしておきました。



では何が違うのかというと、当然現在完了のイメージ、今のこともわかるかどうかがポイントです。

⑤のほうでは宿題が終わったことはわかりますが、いつ終わったかわかりません。

5年前に終わったかもしれないし、3か月前かもしれないし、2時間前かもしれない。

いつ終わったかわからないということは、今は何をしているか全くわかりません。

5年前に終えて、今は旅行中の可能性だってあります。



しかし、⑥のほうでは、今の状況もわかるんです。

確実に机の前、または宿題をしていた部屋にいることがわかるんです。

こちらの場合では2年前に終わった、なんてことはあり得ません。

宿題はとっくに終わっていて、ゲームなう、なんてこともあり得ません。

これが現在完了形の、今のことまでわかるというイメージです。

そして、この用法が現在完了の完了と呼ばれるものです。


本文へ


関連項目
現在完了形なぜhave+P.Pなのか
現在完了形が示していること

【英文法】過去形と現在完了経験用法の違い

③Tom went to China.
④Tom has been to China.

③は「トムは中国に行きました」

④は厳密に訳すと「トムは中国に行って今は帰ってきています」、となります。

③の文では過去形のために、今も中国にいるのかどうかはわかりません。

一方で、④では今は帰ってきているんだ、ということが完了形を用いていることから理解できるんです。



ちなみに、goには過去分詞が2つ、beenとgoneがあります。

beenは、goの過去分詞として辞書には載っていないのですが、オーストラリア人の先生が言っていたので、ネイティブの感覚ではやはりgoの過去分詞ととらえているみたいです。(be動詞の過去分詞beenとは区別されます)

ではなぜ2種類あるのかというと、意味が違うんです。

beenは行って帰ってくる、goneは行って帰ってきていない、という意味です。



どちらを使った場合でも、やはり現在の状況がわかるんです。(beenは行って帰ってきていることを表すので、「行ったことがある」と訳されるんですね)

これが現在完了の経験と呼ばれる用法です。

もし、Tom has gone to China. 

なら、「トムは中国に行って、今も帰ってきていない。」→「中国にいってしまった」となります。



been,goneどちらを使った場合でも、今の状況がわかる、というのが現在完了の特徴です。


本文へ


関連項目
現在完了形なぜhave+P.Pなのか
現在完了形が示していること

【英文法】過去形と現在完了継続用法の違い

①I lived in Osaka.
②I have lived in Osaka.

①は「私は大阪に住んでいました」という意味です。

一方②では「私は大阪に住んでいま

にしなければ間違いになります。

過去形を用いた①の文では今現在大阪に住んでいるのかどうかは判断できません。(おそらく住んでいないと考えられますが)

10年前に住んでいたのかもしれませんし、昨日まで住んでいたのかもしれません。

住んでいたということはわかっても、それ以外の情報は全く分からないんです。



しかし、②では現在完了形が使われているので今も確実に大阪にいることが判断できるんです。

これは一般的に継続と呼ばれている用法です。



本文へ


関連項目
現在完了形なぜhave+P.Pなのか
現在完了形が示していること

【英文法】ネイティブにとって現在完了形の三用法はすべて同じ

よく比較される過去形と現在完了形の違いを具体的に見ていきましょう。

①I lived in Osaka.
②I have lived in Osaka.

③Tom went to China.
④Tom has been to China.

⑤Mary finished my homework.
⑥Mary has finished my homework.



皆さんは上の文章それぞれの違いが判りますか?

ポイントは現在完了形の意味です。

現在完了形は「過去から今も含めて持っている」ということです。

言い換えると、現在完了形を使うと今のことまでわかるという点が一番のポイントです。



ではそれぞれ見ていきましょう。

①私は大阪に住んでいました。(今は住んでる?)

②私は大阪に住んでいま。(今も住んでる)
(詳しい解説はこちら



③トムは中国に行きました。(今はどこ?)

④トムは中国に行って、今は帰ってきています。(今は帰ってきている)
(詳しい解説はこちら



⑤メアリーは宿題を終えました。(今はなにしてる?)

⑥メアリーは宿題を終えたところです。(今は椅子に座っている)
(詳しい解説はこちら



というように、過去形を使った場合には、今何をしているのかは全く分かりません。

一方現在完了形を使った場合には今のことまではっきりとわかるんです。

この今のことまではっきりとわかる、というのが現在完了形の特徴で、ネイティブが意識しているポイントです。

しかし、日本語にするときには区別しないと訳せないので、それぞれの用法ごとに訳しわける必要があります。



これからは過去形と現在完了形の違いを尋ねられたら、胸を張って「今のことがわかるかどうかやろ」って言ってやりましょう!!


関連項目
現在完了形なぜhave+P.Pなのか
現在完了形が示していること

スピーキングに対する苦手意識の影響とその対処法

ではスピーキングに対する苦手意識について具体的に説明しましょう。(スピーキング学習で大切なことをまだ読んでいない人はこちら

苦手意識の影響

まずはっきり言って、この苦手意識がある状態で学習をすすめたとしても、上達することは絶対にありません


「なんでお前そんなん断言できるねん」って感じる人も多いと思いますが、これは昔の偉い方が発見した「情意フィルター」の影響によるものです。

詳しく話すと長くなるので、検索してもらうほうが早いんですが、簡単に言うと、気持ちがマイナスのほうに向いているときに学習しても、全く言語は習得できないよということです。

つまり、この苦手意識を持ちながら学習していても、全く無意味ということになります。

苦手意識を取り除く方法

この苦手意識を取り除くことが最優先事項であることは理解してもらえたと思います。


では具体的にどのようにするか。

それは実は簡単で考え方なんです。


自分の英会話力は、ネイティブの幼稚園の子供と同程度だ

これを100回口に出して言ってください。

これを頭に刻んでください。


皆さんは今、おそらく日本語のプロといっていいほど、日本語をうまく使いこなせています。

文法が理解できているかとかではなく、自分の表現したいことはおそらく90%以上表現できると思います。

しかしそれは、子供のころにたくさん間違いをして、失敗した結果なんです。

私たちが日本語を間違えてでも話した理由の一つは、子供のころに、「自分はこれぐらいのことを話せる実力がある」とか、「これを言って間違ったら恥ずかしいな」という考えがなかったからです。


しかし、今は違います。

日本語を習得してしまった皆さんは、「これぐらいは喋れるやろ」とか「この文法間違ったらどう思われるやろ」ということを無意識に考えているんです。

そして日本語とのギャップを感じて、自分は英語ができない、または「苦手」と感じるんです。


みなさんはスピーキングが苦手なわけではありません。

苦手ではなくまだレベルが低いだけなんです。


中学高校で鍛えられてこなかった皆さんのスピーキングのレベルはしょせん小学生以下のレベルなんです。

小学生以下のレベルの言語で、プロのレベルに達している言語を言い換えるのは不可能です。


なら間違えることなんて気にすることはありません。

一つ伝わるだけでも進歩です。

難しいことを話す必要はありません。

幼稚園の子が経済のことについて語ることはありませんよね?笑


なのでまずは自分の本当のレベルを自覚して、間違えることは当然なんだと開き直りましょう!!

これがスピーキング力アップの第一歩、つまり苦手意識克服の第一歩です。


ではあと一つ、日本人特有の落とし穴についてみていきましょう
スピーキングができない理由は英語力だけじゃない

また英会話に興味がある方、どのオンライン英会話にしようか迷っている方は是非英会話上達の極意をご覧ください。

関連記事

スピーキング学習で大切なこと
オンライン英会話勝手に評価

動名詞+完了形

では過去完了形ストーリーの最後、動名詞+完了形についてみていきましょう!

といっても考え方は不定詞+完了形とほぼ同じです。


動名詞も、不定詞と同じで、基本的に動詞の時制と同じになります。


I am proud of being a doctor.

「私は医者であることを誇りに思っている」

I was proud of being a doctor.

「私は(昔)医者であったことを誇りに思っていた」

というような感じです。


しかし、不定詞の時と同じように、「昔医者やったことを、今(も)誇りに思っている場合、

I am proud of was a doctor.

で表現できれば一番わかりやすいのですが、前置詞ofの後ろに、動詞wasを置くことはできません。

仕方なく動名詞beingにしても、その場合動詞の時制と位置してしまうので、過去のことが表せない・・・


この時に仕方なく出てきてくれるのが、我らがヒーロー過去完了形!

I am proud of had been a doctor.

しかし、彼はいつものごとくやる気がありません。

前置詞ofの襲撃に耐えられるはずもなくやられてしまいます。

I am proud of having been a doctor.

「私は(昔)医者だったことを誇りに思っている」

という形になります!


このように、過去完了形のイメージを理解しておくことで、今まで意味も分からず無理やり暗記していた部分の真の意味に気付くことができます。


はじめは「こいつ何言ってんや」と思った人たちも、今ではおそらく過去完了君のイメージを理解できたのではないでしょうか?


これから過去完了形を見た時には「あまりやる気のない、めんどくさがり屋の奴か」ぐらいの気持ちで見ていきましょう。

そして、あとひとつ、このやる気のない過去完了形、訳す時は過去にして訳せば問題ありません。(日本語では過去完了のイメージがないため)

最後の最後までかわいそうな過去完了君でした。     

END




補足

①I remember having met him somewhere.

などもたまに出てきますが、この形は基本的に

②I remember meeting him somewhere.

とほぼ同じです。(両方とも文として正しい)

動名詞にはもともと過去志向の意味合いが含まれているので、②の方も文として成立します。
しかし、「昔のことやで」っと強調したいときには「having met」を使う、というような感覚をもっておいてください。

不定詞+完了形

過去完了形のイメージをしっかり頭に入れながらどんどん見ていきましょう!(過去完了形のイメージを忘れている人はこちら


今回は不定詞+完了形についてみていきます。

この範囲も過去完了形のイメージを利用することで一気に理解することができます。


しかし本題に入る前の前提として、不定詞の性質を一つ覚えておかなければなりません。


不定詞の時制は基本的に動詞の時制と一致する


という性質です。


例えば、

She seems to be a nurse.

この文章では動詞は現在形です。

したがって不定詞の部分も現在形になります。

訳は「彼女は(今)看護師のようだ」です。


同様に、

She seemed to be a nurse.

この場合は動詞が過去なので、不定詞の部分も過去形になります。

訳は「彼女は(昔)看護師のようだった」です。


このルール意外と見落としがちなんで頭に入れておいてください!


そして、現実問題、「あの人は(昔)看護師してたみたいやでー」、というように、相手の昔の状態を、今予想することも当然ありえます。


その場合一番わかりやすい表現の仕方は、

She seems to was a nurse. 

です。

なぜなら、今想定しているので「seems」、ぬかしのことなので「was」…にしたいのですが、不定詞のtoのあとには原形しか置けません。


なので過去を表現したくても過去形が置けないんです・・・

さらに原形になると、動詞の時制になってしまうので・・・


ということは、これは彼が活躍する予感!

そうです、普段はやる気のない過去完了形!

過去形でどうにもならない時にはしぶしぶ出てきてくれるんです。


She seems to had been a nurse.

しかし助けに来てくれるのですが、やる気がなので弱い。

いつものごとく、やられてしまい

She seems to have been a nurse.

になるんですね。


少し過去完了形のイメージ、理解できてきましたか?

いろんな範囲とつながっていくことで理解も深まっていくので、つながりを意識しながら文法は勉強するようにしてくださいね!


次回は動名詞+完了形の範囲です。

ここまで来た皆さんなら、動名詞+完了形も、なぜその形になるのか考えられると思います。

ぜひ自分で考えてから動名詞+完了形の範囲に進んでください!

仮定法過去完了

助動詞+完了形の部分とほとんど同じなのですが、一応こちらも見ておきましょう!


仮定法過去完了、公式みたいなのを覚えさせられましたよね・・・

これも少し考えるだけで覚えやすさがぐんと上がります!


そもそも仮定法というのは、時制を一つ前に戻して、現実とは異なることを表現する形です。

この時制を一つ戻すがポイントです。

例えば

If I were a bird, I could fly to you.

今のことを表現しているので時間を一つ戻して過去形になっています。


では仮定法過去完了

If I had finished my home work, I could have watched TV.

おそらく前半のhad finishedは理解しやすいと思います。

過去形の表す時間より前なので、仕方なく過去完了形です。

そして重要なのはcould have watchedの部分。


これは仮定法で「could」を用いていることから、「今、想定している」ということを理解しなければなりません。

そしてその思っている内容は過去のことです。


したがって、助動詞+完了形の部分でも説明しましたが、この部分のもっとも理想的な形は、

I could watched TV.

なんです。

しかし、助動詞の後ろには動詞の原形しか取れないため、上の形だと、現在のことか過去のことか判断できません。


そこでしぶしぶ出てくるのが・・・

はい、過去完了形です。

いつものように仕方なく出てきます。

I could had watched TV.

しかし、いつものごとくやる気はありません。

なので、結局助動詞にやられてしまい

I could have watched TV. 

になっちゃうんですね!

以前も言いましたが、過去完了形は出てきてもすぐやられることが非常に多いかわいそうなやつなんです。

このイメージも少し頭に置いておいてください。

次回は不定詞+完了形です。

この範囲、苦手な人が多いんですが、過去完了のイメージで理解することができます!

「to + have + P.P」 と無理やり暗記している人たちこそ、ぜひ読んでみてください!!