【英文法】補語(c)とは何か?S=C、 O=Cなんて意味がわかりません。

今日は英文法における補語(c)とは何かの説明をします。

初めに宣言しますが、僕は英語教師があたかも当然のごとく使用する「s=c」とかいうごまかしにもほどがある説明が大っっっ嫌いです 笑
I am happy.

「私=幸せ」だからhappyはC・・・

これで納得できる人たち、自分がごまかされていることに気付いてください!!

どうして(代)名詞のIと形容詞のhappyが=で結ばれるのでしょうか?

I=happyと考えるなら、I am happiness.でもいいじゃんってなります(これぐらい僕はひねくれています 笑)

こんな考え方では一生補語と目的語は区別できません。


補語とは何かというと、「その文の主語と、主語述語の関係でつながる目的語のこと」と考えてください。

この目的語ということがポイントです。

それでは具体的に見ていきましょう。

もちろんhappyは補語になり、hapinnessが補語にならない理由も解説します!

目的語から補語への進化



関連項目

動詞の本当の意味
過去完了のイメージ
現在完了have+P.Pの理由
5文型の限界 進行形や受動態は何文型?
間違いだらけの説明?anyは否定文、疑問文のsomeではない!

Sponsored Link

単語帳選びで、こんな間違いをしていませんか?

「有名なTOEIC講師がおすすめしていたから」
「Amazonの売れ筋ランキングで上位だから」
、、、

そんな理由だけで、単語帳を選んでしまっていませんか?

単語帳で毎日勉強している人も多いと思います。そんな「毎日使う単語帳」が、そもそもあなたに合っていなかったとしたら、、、

あなたにぴったりの単語帳を選ぶ方法、あなたの目的に合った英単語の勉強方法をまとめたレポートを、期間限定で「無料」でプレゼントしています。

詳しくはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*