英語のスピーキングができない理由は英語力だけではない!

みなさん、日本人がなぜ英語のスピーキングができないのか理由をご存知ですか?((スピーキング学習で大切なことをまだ読んでいない人はこちら



おそらく多くの人が「日本の教育が悪かったから」と答えるでしょう。

これ、半分正解で半分間違いなんです。

なぜかって?

この答えを出した人はみんな「中学高校で文法やリーディングばかりやらされてスピーキングはしてくれなかったからだ」、って考えてますよね?

だから半分は正解なんです。

しかし、あと半分の本当の原因に気付いてない人がほとんどなんです。



その残り半分の理由は「自分の意見を出す力がついていないから」なんです。

「日本の教育が悪いから」というのは答えなんですが、この自分の意見を出す力を育てる必要性に気付けるかどうかが一つのポイントなんです。



日本人は小中高を通して、先生の言うことをノートに写して、必死で覚えて、テストをうける、という流れに慣れてきました。

つまり、自分の意見を聞かれて、それを考えて答える経験がほとんどできていないんです。

また、仮にそのような機会があったとしても、一人目が何かを答えれば「~くんと同じです」という意見を、残りのほとんどの人たちが採用します。

これで認められるんですもんね 笑

なので完全に自分の意見を考える機会が不足してるんです。



しかし、英語を話すときには「~君と同じです」は使えません。

必ず自分の意見を言う必要があるんです。

また日本とは違い、海外では当たり前のように一人一人の意見を尋ねてきます。

その時になって初めて日本人は自分の意見を出すために頭を働かせます、と同時に、それを英語にして表現しないといけません。

絶対無理です 笑

意見をだすのに慣れていない、英語を母国語としない日本人が、慣れていない二つのことを同時に行うなんて不可能です。



何が言いたいのかというと、英語を話せないと感じている日本人の多くは英語力が足りていないのではなく、自分の意見をすぐに出す力が弱いだけなんです。

そのことに気付いていないせいで、すべてを自分の英語力の責任にしてしまうんです。



なので、なぜスピーキングをするためにはスピーキングが一番いいのかというと、英語を話せるだけでなく、自分の意見を考えて話す練習にもなるからなんです。

ぜひこのことを頭に入れて、どんな小さなことでもいいので、まず自分の意見を出して言葉にすることを意識してスピーキングをしてみてください。

また日ごろからどんな些細なことでもいいので、とりあえずは自分の意見を考えてみる、という練習を繰り返すことで、確実にスピーキング能力は上がりますよ!


次はスピーキング練習のためのツールを紹介します。
オンライン英会話

また英会話に興味がある方、どのオンライン英会話にしようか迷っている方は是非英会話上達の極意をご覧ください。

関連記事

スピーキング学習で大切なこと
スピーキングの苦手意識の影響とその対策

Sponsored Link

単語帳選びで、こんな間違いをしていませんか?

「有名なTOEIC講師がおすすめしていたから」
「Amazonの売れ筋ランキングで上位だから」
、、、

そんな理由だけで、単語帳を選んでしまっていませんか?

単語帳で毎日勉強している人も多いと思います。そんな「毎日使う単語帳」が、そもそもあなたに合っていなかったとしたら、、、

あなたにぴったりの単語帳を選ぶ方法、あなたの目的に合った英単語の勉強方法をまとめたレポートを、期間限定で「無料」でプレゼントしています。

詳しくはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*