【英語学習参考書】ビジュアル英文解釈PartⅠPartⅡ(伊藤和夫)レベル別評価


簡単評価

英語力上級者★★★★★
英語力中級者★★★☆☆
英語力初級者★☆☆☆☆

中級者のレベルを英検二級レベル(高校英語を一通り理解しているレベル)と想定しています。

個人的感想

今回は受験生の王道と言われている伊藤先生のビジュアル英文解釈についての感想です!

本自体のレベル判定ではPartⅠが入門~中級レベル、PartⅡが中級から上級レベルということになっています。

・・・が、これは信じないほうがいいです 笑



ぼく個人の感想としてはPartⅠPartⅡともに、中級から上級レベルです。

そして内容的にほとんどつながっているので、今回はまとめて書かせていただきます。



内容は一通りの高校文法が理解できている前提のもと、それを読解にどのように生かしていくかが中心となっています。

まさに僕が目指しているものを書いている本なので、その点に関しては評価が高い一方、目指している部分が同じなのでその分気になる点も多くあります。



まずこの本は受験生の王道とうたわれているため、今やほとんどの受験生が手にとり購入したりしていると思います。

が、その中でどれほどの人たちがこの本を理解しながら進めているかが大きな疑問です。



上級者には非常におすすめの本です。

今現在の自分の読解力の足りない部分を、この本を仕上げることで補完できると思います。



中級者に関しても、少し苦しいかもしれませんがこの本で読み方のある一定の枠組みを理解することで、読解力を高めることができると思います。

気を付けるべき点は、少し難しいと思うレベルなら続けるべきですが、一つの文に時間がかかりすぎるようならおそらくもう少し簡単な教材を選ぶべきだということです。

読解力は、簡単な文の多読、少し難しいと思うレベルの文の精読によって高められるからです。(詳しいことは読解の話で)



初級者はこの本には手を出さないほうがいいでしょう。

文法用語もかなり出てくるうえ、読解に焦点を当てた本なので、それぞれの文法事項に関しての説明はあまりありません。



あともう一つ。

Home roomという細かな質問に関する部分では、生徒からよく出てくるような質問が取り上げられていますが、それに回答する部分が少し高圧的な部分があるのでたまに腹が立ちます・・・笑



とても有名な本なので少し長めの感想になりましたが、全体期にはやはり素晴らしい本だと思います。

しかし、それは上級者にとって素晴らしい本という意味であって、読解の入門段階で安易に手にするべき本ではないというのが僕の感想です。



本一覧へ


Sponsored Link

単語帳選びで、こんな間違いをしていませんか?

「有名なTOEIC講師がおすすめしていたから」
「Amazonの売れ筋ランキングで上位だから」
、、、

そんな理由だけで、単語帳を選んでしまっていませんか?

単語帳で毎日勉強している人も多いと思います。そんな「毎日使う単語帳」が、そもそもあなたに合っていなかったとしたら、、、

あなたにぴったりの単語帳を選ぶ方法、あなたの目的に合った英単語の勉強方法をまとめたレポートを、期間限定で「無料」でプレゼントしています。

詳しくはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*