【秒殺】動作動詞と状態動詞の見分け方!

進行形の授業の時に、毎回「love、belong、believe、resembleなどの動詞は動作じゃなく状態を表す動詞だから~ingにはしないんだ(ドヤッ)」と説明されますよね?笑

みなさん、この説明に毎回納得できているでしょうか?

僕は、「何が状態動詞、動作動詞やねん、そんなん言い始めたらbe動詞とくべつできんやんけ」というのが正直な感想でした。


しかし!!

動詞の本当の意味を理解していれば、この区別もできるんです。(初めての方は是非こちらを先にお読みください)


動詞の本当の意味は、「~をし始めてから、終わるまで~する」という意味でした。

そして、~ing、現在分詞の形は「~している」、と考えていただいてもよいのですが、厳密に言えば「(~し始めてから、~し終わるまでの)」という意味なんです。


この二つの考え方で考えると、例えばstudyだと、studyingは、「勉強し始めて、勉強し終わるまでの」ということになります。


つまり、~ing(現在分詞)の形になるためには、動作の始まりと終わりが必要なんです。


これを踏まえて”状態動詞”と分類されている方々をご覧ください。


例えばlove。

みなさん、人を愛するときに、「この人を愛するのはこの時からこの時まで」とはふつう考えませんよね?笑

なので「愛しはじめてから、愛し終えるまでの間」ということにはならないんです。

belongもそうです。

何かに所属するときには、普通辞めるときのことなんて考えません。


なんとなくわかってきたでしょうか?

”状態動詞”で~ingにならない、といわれている動詞はすべて「基本的に終わりが想定されていない動詞」ということになります。


believeもresembleもhaveも基本的に終わることが想定されていなため、~ingの形、「その間」とは言えないんです。


なのでこの記事を読まれた幸運な方々は、これから”状態動詞”という言葉を友達から聞いたら「基本的に終わりが想定されてない動詞のことな。」と、ぜひとも教えてあげてください!


ぜひこちらの記事も関連付けにどうぞ

動詞の本当の意味
過去形と過去進行形、未来形と未来進行形意味の違い
第5文型の原形不定詞と~ingの違い

Sponsored Link

単語帳選びで、こんな間違いをしていませんか?

「有名なTOEIC講師がおすすめしていたから」
「Amazonの売れ筋ランキングで上位だから」
、、、

そんな理由だけで、単語帳を選んでしまっていませんか?

単語帳で毎日勉強している人も多いと思います。そんな「毎日使う単語帳」が、そもそもあなたに合っていなかったとしたら、、、

あなたにぴったりの単語帳を選ぶ方法、あなたの目的に合った英単語の勉強方法をまとめたレポートを、期間限定で「無料」でプレゼントしています。

詳しくはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*